妊婦はいつまで葉酸を摂れば良いのか

妊娠中の葉酸摂取は厚生労働省も推奨していますが、妊婦はいつまで葉酸を摂れば良いのか分かりませんよね?

妊婦はいつまで葉酸を摂れば良いのか

赤ちゃんの画像

葉酸と言えば、妊娠を望む女性や妊婦にとって非常に重要な栄養素です。

特に妊娠初期には1日0.4mgを摂取することで、赤ちゃんの先天性異常の可能性を下げる効果があることは広く知られているでしょう。

他にも、赤ちゃんにとって大切な血液を造る役目や細胞の製造をサポートする効果もあるので、妊娠中の女性は忘れず毎日摂取する必要があります。


ただ、いつまで葉酸を摂取し続ければ良いのかという点に悩む人も多くいます。

赤ちゃんの先天性異常が起こりやすいのは、一般的に妊娠初期までだと言われています。

中でも神経系の先天異常は、妊娠初期の7週までに起こることがほとんどです。

このことから、一番摂取しなければならない時期は妊娠初期の1ヶ月から3ヶ月頃までだと言えます。

この時期にきちんと葉酸を摂る必要がりますが、女性が妊娠に気付いた時には既に妊娠2ヶ月頃に突入していることも珍しくありません。

もちろん、この成分を摂っていなければ必ず異常が起こるという訳ではないので、過度に心配する必要はありません。


厚生労働省などは、妊娠12週目までの妊婦は葉酸を摂取するよう勧めています。

これは前述したように、妊娠12週頃までの初期に赤ちゃんにとって非常に重要な組織形成が行われるためです。

このため、いつまで摂取し続ければ良いのか悩んだら、最低でも12週目までは摂るように心がけましょう。

もちろんその後も、自分や赤ちゃんにとって非常に良い栄養素であることに変わりはないので取り続けても問題ありません。

出産後の授乳期にも必要な栄養素であるため、妊婦の時期だけでなく授乳を終えるまで摂取すると理想的です。

食事などで摂るのはとても難しい成分であるため、安全性の高いサプリメントなどで効率よく摂ると良いでしょう。

 

妊娠前の女性には葉酸サプリメントがおすすめ


健康を維持するため毎日の生活にサプリメントを取り入れている方が増えています。

体に有効な成分が一粒に凝縮されているので、自分に足りない成分だけを手軽に補うことができて大変便利です。


サプリメントにはいろいろな種類がありますが、中でも売れているのが葉酸を配合したタイプです。

葉酸は体の中で細胞の生産を促す働きがあり貧血を予防したり成長を促進させる効果など、さまざまな働きを担っています。

人間の体にとって大切な葉酸ですが、特に赤ちゃんを望んでいる女性は体内から不足させてはいけません。

お腹の中の胎児を正常に育てるために欠かせない成分のため、妊娠したことに気付く前から補っておく必要があります。


葉酸は緑黄色野菜や牛乳などの食品にも多く含まれているため、健康的な食生活を送っている方なら極端に不足していることは考えにくいでしょう。

しかし仕事が忙しくて自炊ができない方などは、ファストフードやインスタント食品に頼りがちになります。

このような食生活を続けていると栄養バランスが偏ってしまい、赤ちゃんを育てるために必要な葉酸が不足してしまう可能性が出てきます。


妊娠初期の女性に葉酸が不足している場合は、胎児に神経管閉鎖障害が起きるリスクが生じてくるので注意が必要です。

胎児に対するリスクを排除するためにも、妊娠を望む女性は日頃からサプリメントを利用して葉酸を補っておくことをおすすめします。


自分では栄養バランスに気を付けて食事をしているつもりでも、自信が持てないと言う方は少なくないでしょう。

サプリメントなら簡単に摂取できますし、無理なく続けられるので安心です。

現在は多くのメーカーから販売されているので、購入する際は口コミなどで評判を見ながら選びましょう。


 

葉酸サプリと天然と無添加について


葉酸サプリを選ぶのであれば、無添加であり天然成分で作られているタイプを選ぶのは大前提とも言えます。

妊娠を待ち望んでいる女性や、妊娠をした女性にとってもとても大切な栄養成分です。

直接口から取り入れて、体の中へと入れていくものですから、添加物が多いタイプだと不安にもなります。

ですが、意外と添加物が多い商品もあるので、購入を検討するときには、含まれる成分を一通り目を通すべきでしょう。

お値段が安すぎるタイプも、用心をする必要があります。

 

錠剤がたくさん入っていて、お値段が安いとなれば、お得感も感じるでしょう。

しかし本当に必要で摂取したい栄養素が少なくて、代わりに体に良くない添加物が多いタイプであれば、飲んだとしてもあまり効果が期待はできないということにもなりかねません。

価格に大きく差があるのも不安を仰ぎますし、特に妊娠をしている女性は、添加物等には気を付けないといけません。



妊娠をした女性の場合ならば、1日に摂取する葉酸の量としては400μgになります。

たくさんの栄養素を必要としますから、特に添加物を多く含むタイプは控えたほうが無難でしょう。

選ぶ前には必要成分の含有量をリサーチして、添加物は入っていないか、成分自体の安全性はどうか、品質のチェックをしてみましょう。

葉酸の栄養成分は、妊娠前から摂取をスタートして、妊娠3ヶ月頃まで必要な成分を摂取することを推奨されています。

緑が鮮やかなほうれん草といった、緑黄色野菜を食べてもたっぷりと摂取する事ができます。

それでも不足な分や、野菜類が苦手な女性などは、上手にサプリメントを利用して栄養素を補っていく必要性があります。

無添加であることを確認して、葉酸のサプリは選ぶことです。




 
  • トップページ